Tシャツへのプリント方法

クラスTシャツのキモとも言えるデザイン。そのデザインをTシャツにプリントする方法はいくつか種類があります。 このページではその種類をいくつかご紹介します。

シルクスクリーン

シルクスクリーンはTシャツへの最もポピュラーなプリント方法として知られています。シルクスクリーンによるプリントはまずデザインに使われている色一つ一つに対してシルクスクリーンの版を作り、その版に専用のインクを入れて生地に直接することでTシャツの生地にデザインをプリントします。色が多ければ多いほど手間がかかることになりますが、色があまりにも多いとインクが生地ににじみ出してしまうため、プリント後に熱で乾燥させることでにじませないようにします。こうすることで自然にプリントが施され、色のにじみもない綺麗なデザインとなります。

フロッキー

フロッキーでプリントされたデザインは表面のツヤがなく、よりフラットなデザインとしてプリントされます。フロッキーでプリントする時はプリント前の時点で専用のスクリーンシートにデザインを熱で圧着させ、そのスクリーンを糊でプリントしてからフロッキーの専用シートを熱圧着させます。

デジタルコピー

デジタルコピーはその名の通り、デジタル(パソコンなどで作成されたデータデザイン)をコピーする方法です。このデジタルコピーが考案されるまで使われていたカラーコピーは、転写したデザインが生地にプリントされた際に糊が外にはみ出たり一度洗濯するとデザインすべてが剥がれるなどの欠点がありました。しかしこのデジタルコピーはそれら欠点全てを克服し、仕上がりもバッチリで洗濯にも強くなっています。

インクジェット・ダイレクトプリント

インクジェットプリンターによるTシャツ生地に直接プリントデザインする方法がこのインクジェット・ダイレクトプリントです。他のプリント方法は往々にして専用のスクリーンや版を用意する必要がありますが、このプリント方法だけは生地に直接写しこむので専用の版やスクリーンは必要なく、それでいて色のグラデーションや細かい配色を綺麗に再現できる特性があります。ただ、インクジェットプリンター自体とインクが高価であるため、お店で頼む際は割高になることを覚えておきましょう。

シリコン素材でできたゴム状のへらをスキージと呼び、専用の版やスクリーンの上からインクを押し出すために使います。通常は木製などの枠にスキー時がはさまっている状態で使用します。木製のホルダーではこのゴムが付属している状態で販売されており、アルミ製のホルダーにはこのゴムは着いていません。木製とアルミ製のホルダーにはそれぞれ特徴があり、プリント職人によってはどの素材のホルダーを使うかは好みによるようです。スキージのテクニックいかんでプリントの祭の色(インク)の発言具合に変化があるので、職人専用の道具と言えます。

※上記にあるカットソーとは、一本の糸から編まれた綿ジャージーなど、伸縮性のある生地を素材としてそれを裁断(Cut:カット)し縫い合わせた(Sew:ソウ)ものを指し、Tシャツなどの衣服がこれに当たります。

check

DMSサーフボードの販売
https://item.rakuten.co.jp/two-surf/c/0000000562/

2017/4/20 更新

Copyright(C)2008 Tシャツの豆知識 All Rights Reserved.